脱毛は専門機関にお任せ!専門機関と自己処理の違いとは?

自己処理のメリットって?

ムダ毛処理の仕方には、大きく分けて自己処理と専門機関の2種類があります。自己処理の場合、道具さえあれば自分の好きなタイミングで、気軽に行うことができます。ちょっとムダ毛が気になるときに自分のペースで脱毛できるのです。道具をそろえるだけなので、専門機関に通う場合に比べると費用を安く抑えることもできます。ただし、自己処理の場合はやり方を間違えると、かえって肌を傷つけてしまう恐れもあります。自己処理を行う場合は正しいやり方で行う必要があるのです。

脱毛は専門機関にお任せ?

自己処理の場合、気軽に脱毛が出来る一方で、肌トラブルにつながるリスクも高いです。また背中やうなじなど、自力では難しい部分もあります。その場合は専門機関に脱毛を任せましょう。専門機関にはプロがいます。肌の状態を見ながら脱毛を行うので、安全にムダ毛処理ができるのです。

サロンと医療機関の違いって?

専門機関にはサロンと医療機関の2種類があります。どちらもムダ毛に熱を加え、毛根にダメージを与えることで毛を生えにくくします。ただしサロンと医療機関では、ダメージの与え方が異なります。サロンの場合は光を当て、毛根にダメージを与えます。一方医療機関の場合はレーザーを当てて、毛根を焼き切ってしまいます。レーザーで毛根を焼き切ってしまえば、もうムダ毛が生えることもありません。けれども、その分痛みも生じやすいです。一方サロンでの光脱毛の場合、痛みはレーザーよりも少ないですが、2~3年経つとダメージが回復し、再びムダ毛が生えてくるようになります。サロンと医療機関では価格も違うので、どちらが自分により合っているか検討して、通う場所を選ぶことが大切です。

上野の脱毛」でとは、医療機関やエステで体毛を減らすために、体毛にレーザーをあてて、毛根を焼いて脱毛することを意味します。