今年こそ永久脱毛!チャレンジするなら2つの脱毛方法で

ムダ毛を1本ずつ処理するニードル脱毛

業務用脱毛マシンを使ったムダ毛処理施術には、さまざまな方式がありますが、その中で最も永久脱毛に近い仕上がりになるのはニードル脱毛だと言われています。ニードル脱毛のやり方は、ニードルと呼ばれる針状の器具を毛穴の1つ1つに挿入し、電気を流して毛根細胞を破壊します。これにより、今生えているムダ毛を抜くことができるうえに、新しくムダ毛が生えることも防げます。このムダ毛の再生率を落とす効果が非常に高く、すべての毛穴に処理することでツルツル素肌にすることが期待できます。けれど施術に非常に手間がかかるので、全身脱毛など施術範囲が広い場合はケアにかかる期間が1年以上になることがあります。これに加えて痛みもとても大きいというデメリットがあります。

レーザー脱毛でケアするのが一般的

レーザー脱毛はニードル脱毛と同じく、施術するのに医師の資格が必要になってくる医療脱毛に分類されます。そのため脱毛効果が非常に高いうえに、肌にレーザーを照射するだけでムダ毛をケアできるのが特徴です。レーザーの照射範囲が広いため、全身脱毛も短い時間でケアできるのが魅力です。さらにニードル脱毛と比較すると肌にかかる負担が少なく、痛みを気にせずに脱毛できることも大きなポイントです。そのため、永久脱毛を目指すならレーザー脱毛を使用するのが一般的になっています。レーザー脱毛に必要な施術期間には個人差がありますが、数か月ほど間隔をあけて8回から10回ほどケアする人が多いです。

脱毛の方法も様々で、その部分に合わせた脱毛方法があるので気になる部分を脱毛したいときにはどの部分の脱毛がしたいのか相談することがおすすめです。